ゲーム

ポケモン(Pokémon)GOの次はスリープで娯楽を提供か?

PokémonGO睡眠の世界に


29日株式会社ポケモンは都内で開かれた戦略説明会で

 

人気の「ポケットモンスター」に登場するキャラクターと一緒に睡眠の時間を計測しながら眠るサービスポケモンスリープを2020年に開始することを発表した

 

ポケモンはスマートフォン向けゲームポケモンGOで一大ブームをまき起こしたのは記憶に新しいと思う

 

外出してモンスターを集め、歩いた距離に応じて育てていくという、画期的な遊び方がヒットした要因にもつながっているのだろう

 

ポケモンの石橋社長はゲームの詳細はまだ明らかにしていないが、「睡眠を娯楽にする、朝スマホを開いたらうれしいことが起きているようなサービス」など仰っていた

 

ポケモンGOとポケモンスリープに対応した端末も販売する予定だ

 

 

ポケモン交換サービス?

そしてニンテントー3DSやニンテンドースイッチなどのゲームで育ててきたモンスターをスマホで交換できるサービス「ポケモンホール」も追加されるという

 

今まで育ててきたお気に入りのモンスターを交換できるということで、喜んでいる人もいるのではないでしょうか?

 




 

ポケモンGOプラス+?

睡眠に県連して、ポケモンGOプラス+を発売する予定、今までの機能はそのままに、夜間に枕元に置いて眠ることで

 

時間を計測してスマホに転送できるという。睡眠を娯楽にをコンセプトにしているらしいので、続々といろいろな睡眠に関しての機能が追加されていくのでしょう

 

これからも目が離せないですね!