情報

2019年ペルセウス座流星群の活動日はいつ?見ごろは何時ごろか?

 

今回は、2019年8月と言えばペルセウス座流星群がそろそろ活動するのではないかと思い、調べてみたら、どうやら活動するようなので、書いていこうと思います!

 

見れたら、得した気分になること間違いなしなので、ぜひ時間があれば見ていってください!

 

ペルセウス座流星群の活動日は?

ペルセウス座流星群と放射点

掲載元:国立天文台 https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2019/08-topics04.html

 

2019年のペルセウス座流星群の活動は【8月13日の16時に極大(流星群自体の活動が最も活発になること)を迎えると予想されています!

 

8月15日が満月なので、明るい月明りのせいで、【観察するにはよくない状態】になります、これは一晩続いてしまうようです。

 

ただ、13日朝の薄明前のほんの短い時間だけは、条件のよい時間帯があるようです。

 




 

ペルセウス座流星群の見ごろは何時ごろか?

 

普段より目立って多くの流星を見ることができるのは、【11日の夜から13日の夜までの3夜ほどでしょう。12日の夜に、最も多くの流星が出現すると予想されます。

 

 

いずれの夜も、夜半頃から流星が出現するようになり、薄明の始まりに近づくにつれて流星の数が多くなると考えられます。

 

ほぼ一晩を通して満月間近の月が出ているため、空の暗い場所で観察をしたとしても、見られる流星の数は最大で1時間あたり10個程度にとどまりそうです

 

そんな中でも、【8月13日の未明、月が沈んだ後から薄明が始まる前の1時間程度は、空が暗い場所であれば、1時間あたり30個程度という、多くの流星を見ることができる可能性があります。】

 

月明かりの影響がほぼなくなり、まだ空も明るくなり始めていないためです。

 

観察の計画を立てるときは、なるべくこの時間帯を含めるようにするとよいでしょう。

 

東京では2時30分頃から3時30分頃がこの時間帯にあたります。各地での時刻は「こよみの計算」で確認してください。

 

 

また、これ以外の日時でも、月明かりに負けない明るい流星が出現する可能性があります。

 

明るい流星がいつ出現するかはわかりませんので、できるだけ長く観察を続けることをお勧めします。

 

観察時間が長ければ、それだけ多くの流星を目にすることができるはずです。

 

掲載元:国立天文台 https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2019/08-topics04.html

 

ペルセウス座流星群に興味のある方は、ぜひ空を見上げて、リラックスしてみてはいかがでしょうか?

 

写真を撮ってみるのもいいかもしれませんね、8月13日の未明の東京では1時間あたり30個程度という多くの流星を見ることができる可能性があります!

 

東京での時間帯は8月13日の2時30分頃から3時30分頃のようです!

 




 

まとめ

 

ペルセウス座流星群が活動するということで、書いてきましたがいかがでしたでしょうか?

 

少しでも参考になったら幸いです!

 

満月の月あかりが強い日は避けて、予定を立てることをお勧めします、曇らないことを祈りましょう!

 

星が好きな方たちにはたまらない天然のイベントなのでこれは見るしかないでしょ!

 

それでは最後まで見ていただきありがとうございました!