映画

海獣の子供の映画の舞台は江ノ島!見に行く前にスタンプラリー行こう

 

何かいい映画がないかと思い調べていた所、海獣の子供という映画が検索で出てきました。海獣の子供の映画が2019年6月7日に上映するというので

 

海獣の子供とはどんな映画何だろうと思い調べてみることにしました!

 

調べていった所、江ノ島でスタンプラリーを開催しているということなのできになたのでどういうものなのか記事にしていこうと思います!

 

江ノ島スタンプラリー

映画の舞台が江ノ島らしいので江ノ島もコラボしているみたいです、海獣の子供、気になりますね!

 

江ノ島の海岸沿いや水族館、2019年5月13日には「海獣の子供」ジャックトレインも運行します。

 

2019年6月1日には、えのしま3号の車内アナウンスも行っているので、海獣の子供の世界観に浸るのもいいかもしれませんね。

 

 

江ノ島エリアと小田急線の駅に配置されている6か所のスタンプのうち、2つ以上を集めると、オリジナルノベルティがプレゼントされるようです。

 

さらにパーフェクト達成した人は、Wチャンスとして、キャストサインが入ったグッズや非売品の映画ポスターが当たる抽選に応募できるそうです!

 

パーフェクトを目指して応募資格をゲットしましょう!思い出作りにもいいですね!

 

設置場所は、新江ノ島水族館、稚児ヶ淵レストハウス展望デッキ、片瀬江の島観光案内所、藤沢駅、相模大野駅、新宿駅、の6か所景品の交換場所は、新江ノ島水族館で交換してもらえるそうです。

 

 

新江ノ島水族館

 

映画の舞台の水族館の方にも入りたいですね、映画を見る前でも見た後に来ても違う見方ができると思います。光るクラゲ生で見てみたいですね!他にもペンギンやカワウソなどいるので水族館に行ったことのない人にもお勧めですよ!

 




 

「SAS」とのタイアップが決定!


SASとは、スポーツメーカーFLAGが運営しているダイビングブランド全国展開しており、47都道府県で販売しています

 

ダイビング用品やそれ以外の他のグッズも販売しています。

 

Facebook投稿キャンペーンを実施!抽選でSASとのコラボした「オリジナルコラボポロシャツ」がもらえるらしいので欲しい方は投稿しましょう!

 

抽選期間5月7日から6月16日まで

【応募方法】
① SASのFacebookページをいいね!(@SAS.OFFICIAL.f)
② SASが投稿したキャンペーン告知にいいね!&コメント
③ コメント欄に希望のサイズを記入 (M or L)
※抽選で選ばれた方にはSAS公式アカウントよりダイレクトメッセージでご連絡いたします。

【プレゼント内容】
・SAS×『海獣の子供』コラボポロシャツ 20名様
・映画プレスケース(非売品) 5名様
・映画ポスター(非売品) 10名様

もっと詳しく知りたい方はこちら

 

五十嵐大介

 

五十嵐大介さんと言う方が作った漫画作品で

五十嵐さんは月刊「アフタヌーン」でデビュー

 

2004年「魔女」 2009年「海獣の子供」

などを手掛けています。

 

繊細な描写や、人を魅了する画力で描いていく

2019年、今注目の漫画家。

 




 

あらすじ

 

港町と水族館が舞台で物語が進んでいく冒険譚

 

映像もきれいで引き込まれそうな世界観があり

忘れられない作品の一つになるのではないでしょうか?

 

何やら面白そうな予感がしますね。これから、夏に向けて

水族館や海に、行きたくなること間違いなしの映画

に仕上がってると思われます。

 

2人の味方の生物学者ジム

 

どういう経緯で知り合うのか分かりませんが、何やら悪い勢力から守ってくれる味方のようです。彼がどんな人物なのか気になりますね。

 

米津玄師


あの米津玄師が主題歌を歌うそうですね、米津さんもこの作品が好きらしいです早く聞きたいですね。

 

米津玄師さんのツイートで少し歌聞けるのでよろしければどうぞお聞きください。

 

原作を10代のころに読んで、その世界観のすごさに圧倒させられた。今現在また読み直しても、すごさは変わらずに、なお新しい発見がありますとおっしゃっています。

 

もし映像化されるのであれば歌を作らせてほしいなあなんていうふうに思ってたことが、今日になって実現するというのはなんとも感慨深いです。

引用元:OFFICIALサイト

 




 

まとめ

 

海獣の子供もう題名からして気になりますよね、内容が知りたい方は漫画を見てしまうのがいいかもしれませんね。

私は漫画の方は、見ないようにしようと思います(笑)

 

何だか気になったので個人的に少し調べてみました

がいかがでしたでしょうか?

2019年6月7日上映です

少しでも参考になりましたら幸いです。

それでは御機嫌よう~