情報

子供が熱中症になってしまった時の対処法となる前の対策4選紹介!

 

今月末から、ほぼ全国的に猛暑日が続きますよね、それに伴って、幼稚園、小学高に通い始めた子供の熱中症のリスクを減らすために親である私たちが対策してあげましょう。

 

大人に比べて子供は体温調節が発達していないので、温度変化に対応できなく

 

汗をかく能力も低いので熱中症になりやすいもです、それでもなってしまった時の対処法を覚えておきましょう。

 

対策をしたけど熱中症になってしまった時の対処法

どんな症状化か?

頭痛や眩暈、吐き気、立ちくらみ、倦怠感、あとはお年寄りでよくテレビでも見たことあると思いますが
暑い所にいるのに汗をかかなかったり、皮膚が乾燥していたり、触ってみると何だか肌が熱かったりすると危険です、呼びかけに反応がなかったりすると意識しょうがいが起きてしまいます。
症状が軽いようならクーラーが効いている部屋などで休ませれば大丈夫です、涼しい所で頭を低くして寝かせるのがいいです、スポーツドリンク等の補給もお忘れなく。

反応がない、苦しそう

 

熱熱中症は、放っておくと急速に重症化します。だれかが熱射病で倒れた場合には、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう

 

救急車を待つ間も、周囲の人に呼びかけて涼しい場所へ移させます。

 

とにかく、冷やしてください、クーラなどがなければ、うちわ、扇風機などを使って風を送ってあげて

 

とにかく冷やすことが重要です、とくに首の両側、わきの下内股の付け根アイスパックなどで冷やすと、体温を下げるのに効果的です。

 

早目に体温を下げることによって重症になってしまった子の命も救う事が出来るかもしれません。

 

深部体温(体の中心部の体温)で40℃を超えると全身痙攣(全身をひきつける)、血液凝固障害(血液が固まらない)などの症状も現れる恐れがあります。

 




 

子供の基本的な熱中症対作4選

水分補給

 

皆さん知っているとは思いますが、基本的なことですよね、スポーツドリンクや、熱中症対策専用の経口補水液も非常に有効です

 

麦茶とそば茶もおすすめです、何故かと言うと、この2つは利尿作用が少ないからです。

 

反対に緑茶は利尿作用があるため、水分が失われてしまうのでこの暑くなる時期は控えた方がいいですよ。私たちも熱中症にならないように気を付けましょう!

子供の顔色や汗のかきかたを観察する

 

子供の熱中症のサインとして考えられるのは、赤い顔になっていたり、遊んでいる時は本人も気が付かないほど体力を使っているので

 

遊びが終わったてから調子が悪くなる事がよくあります、なので息切れや汗を大量にかいている時など、注意が必要です。

 




 

服で熱中症対策をする

 

結論から言うと速乾性の服にしてあげてください、何故なら着ている服が汗で肌にくっついてしまうと

 

汗をかいた時の蒸発の妨げになり、熱が体内にこもってしまうために熱中症になってしまいます。

 

他にも基本的なことですが、直射日光から守る帽子なんかもいいですよ!帽子は基本的にはなんでもいいです。

体調管理

 

やはり日頃の食事も大切です、栄養バランスの取れた食事をとることで、免疫力が上がります、十分な睡眠も重要です、私たち大人も同じことが言えますね。

 

具体的には、ビタミンB1とビタミンCをとったほうがいいですよ、ビタミンB1が不足していると、糖質をエネルギーに変換できないので、疲れやすくなったりします

 

味噌汁や、豆腐、豚肉、玄米、モロヘイヤ、に多く含まれているのでとっていきましょう。

 

免疫力を高めてくれるビタミンCも積極的にとっていきましょう、イチゴは、果実の中で最も多くのビタミンCを含んでおり

 

大粒のいちご5つで1日の所要量を満たします。子供にも食べやすいですね!あとは、ミカン、キウイ、ブロッコリー、カボチャ、青汁などあげられます。

 




 

熱中症対策グッズ

 

掲載元:Amazon

冷感タオルは熱中症予防に効果があります、何故なら首の前面あたりに太いせい動脈があり、そこを冷やすと血液が冷やされて

 

体内から冷やすことが可能になります、水につけて首に巻くだけなので、遊ぶ時も邪魔にならずにすみます。

 

他にもいろいろな対策グッズが売っているので、そういう良さそうなものを使ってみるのもいいと思います。

 




まとめ

ここまで見ていただき有難うございます、熱中症対策いかがでしたでしょうか?最近の気候はおかしいので早めの対策を心がけましょう。

 

早すぎて損はないと思いますよ、少しでも役に立ったら幸いです、それではまた~