情報

原田龍二が訪れた座敷わらしのいる岐阜のうなぎ屋はここだ!

原田龍二の座敷わらし調査〜岐阜編〜

 

岐阜うなぎ屋華紋(かもん)メニューなど

 

〒500-8144 岐阜県岐阜市東栄町3丁目29の地図

 

岐阜にあるウナギ屋さん恐らく上で紹介した華紋さんで座敷童が出るらしいという情報を聞きつけた原田龍二が調査に向かった。

 

部屋に入ってみると、おもちゃやお菓子が置いてあり、事情を聴くと座敷童を目撃したことで、幸せになた方たちのお礼の品だそう。
それを聞いた原田は、嬉しそうにしている、早速許可をもらい、座敷童が目撃された部屋で過ごすことに、すると深夜に原田が呼びかけていると風船が割れたり
だるまさんが転んだならぬ、わらしさんが転んだもやったり、突然物が動き出したり、影や音なんかもなる現象が起こる。いったいどうなってしまうのか!

 

 




加藤清正が豊臣秀吉から譲り受けた鎧兜!?神社仏閣に眠る知られざる秘宝!

あばれる先生が向かうのは、大分県で豊臣秀吉の家臣武将・加藤清正。秀吉から譲り受けた鎧兜(500年くらい前の物らしい)があるとう早速その場所へ!

 

到着するとそれは、清正が建立したお寺だった今回のお宝は一般公開されていないので特別に許可をへてのご対面!

 

緊張しながらも、丹念に調査を進めていく、その中で疑問が生まれる、熊本を愛している清正が

 

なぜ大分に寺を作り、鎧まで残していったのか、詳しい話を住職に聞いてみると豊臣家との絆を守ろうとした清正の思いがあったのではと話す。