悩み

まだ取り入れてないの?背中ニキビに効果的!早目に治そう夏までに!

背中にできてしまったニキビが、気になったので記事にしてみました、少しでも参考になれば幸いです。

ニキビじゃない?

思春期の時に顔などにできるニキビとは、そもそもの原因菌が異なりますますが、思春期の時にも背内にできたりします。

 

なので、混同していることもあります、できるだけ早急に治す為には、それぞれの原因に、合ったケアをすることが近道です。

 

真菌が原因かも?

 

背中ニキビは毛包炎と言われている皮膚の病気、毛包は毛穴の奥にある皮膚の組織層です。別名「毛のう」。

 

毛のう炎は黄色ブドウ球菌やマラセチア菌などの菌があり、それぞれの原因によって治療薬も異なります。

 

毛包に入って繁殖していき炎症を引き起こして、赤く膨れ上がってきてから、そこから化膿すると膿になります、背中以外にも首、肩、足などにもできます。

 

 

治し方が間違ってる?

 

なにかしらの、対策をしているのに背中のニキビが治らないという場合は、間違った対策をしている可能性があります。

 

通常のニキビは、角質が硬く、毛穴が塞がっていることで詰まり、そこから菌が繁殖して炎症を引き起こすものなので

 

通常のニキビと背中ニキビでは違う原因が考えられるため治療薬も違うのです。

 

通常のニキビの治療をしても治らない場合は真菌などの菌が原因である事があるので気を付けておきましょう。

 




 

他の原因も考えられる

 

背中ニキビの原因となる黄色ブドウ球菌などの菌は、皮膚にもともと常在している菌です。その菌達が毛穴に入って炎症を起こして

 

背中ニキビができるのですが。他にも傷、摩擦、紫外線、抜毛、ストレスなどもあります。

 

それでも、なかなか治らない人は、糖尿病や疾患の可能性もあるので、一度皮膚科に行ってみてもらった方がいいかもしれません。

 

 

まとめ

 

今回は悩みの原因である背中ニキビのことを記事にしてみました。背中にできたニキビってかなり気になりますよね。

 

寝る時も痛みが少しあったりすると何だか寝るのにも集中できなくなりストレスにもつながるので早めにケアをしましょう。

 

ここまで見ていただき有難うございます、それではよいケアライフをお過ごしください。